【Excel VBA】月日による日付の入力時に西暦の値を自動的に変更する

いま、確定申告(青色)をするために、Excel で仕訳台帳を作ってるんですヨ。

この記事を書いてる今は 2019 年だけど、入力するのは去年のデータだから、たとえば 2018/2/16 みたいに入力する必要がある。

でも入力するデータがたくさんあって、毎回 2018/ を入力するのも面倒なので 2/16 とだけ入力して済ませたい。でもでもで~も~、2/16 とだけ入力すると自動的に(今年の西暦の)2019/2/16 になってしまう・・・。

調べてみたんですが、Excel アプリにそのへんを調整してくれる機能はないようなので、みなさん色々工夫されてるようですね(関数使ったり、オートコレクトを利用したり、一括置換したり…)。

この記事では、VBA マクロによるアプローチをご紹介します(閏年も考慮しておく)。

と言っても下にコードを掲載するだけですが。コード中のコメントを解説のかわりとさせてください。

Excel の Worksheet 関数として実装しておけば、月日を入力するだけで、西暦が去年の日付に変わります。

 

さて、確定申告の準備を急がねば・・・。三(; ̄▽ ̄)o

 

 

 

 

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象