【VB.NET】ClosedXML:基本操作

MEMO
  • この記事は GitHub - ClosedXML - Wiki を参考に書かせていただいたものですが、C# から VB.NET への書き換えをし、英語から日本語へ翻訳しただけでなく、元記事の構成・コード・コメント等を変更している場合もありますのでご了承ください。
  • 現在 ClosedXML のメンテナンスをご担当されている Francois Botha 様からの掲載許可もいただいてます。
  • この記事のコードサンプルについては、Imports ClosedXML.Excel が宣言されていることを前提としています。
  • ClosedXML の作成者について:Francois Botha, Aleksei Pankratev, Manuel de Leon, Amir Ghezelbash
  • ClosedXML のライセンスについて:GitHub - ClosedXML - MIT License

ここでは基本的な処理を簡単に紹介しています。

ワークブックとワークシート

新規ワークブックの作成と保存

既存のワークブックを開く

ワークシートの追加

既存のワークシートの取得

セルの操作

セルに値を設定

セルに式を設定

セルの値の取得

セルをアクティブにする

削除・クリア

2つのセルから矩形範囲を取得する

セルや範囲を取得・選択する

特定の範囲のセルを1つずつ処理する

セルの書式

セルの前景色(文字色)の変更

セルの背景色の変更

ボールド

フォントサイズ

フォント名

リッチテキスト

セルのデータ型の変更

テキストの表示形式の変更

罫線

行と列

列幅の設定

行・列の挿入

行・列の削除

行・列・セルのインデックスは1ベース

VBA と同じことですが、ClosedXML でも行・列・セルのインデックスは1から開始します。

.Property = value と .SetProperty(value) の使い分け

Excel VBA では .Property = value というスタイルがお馴染みだと思います。

そのスタイルはもちろん ClosedXML でも使えますが、それに加えて(多くの場合)ClosedXML には .SetProperty(value) というスタイルも用意されています。

.SetProperty(value) というスタイルは、複数のプロパティの設定を一度に(一行で)行うのに便利です。

 

「【VB.NET】ClosedXML の使い方」の一覧を表示

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象