【VB.NET】ClosedXML:式、ラムダ式

MEMO
  • この記事は GitHub - ClosedXML - Wiki を参考に書かせていただいたものですが、C# から VB.NET への書き換えをし、英語から日本語へ翻訳しただけでなく、元記事の構成・コード・コメント等を変更している場合もありますのでご了承ください。
  • 現在 ClosedXML のメンテナンスをご担当されている Francois Botha 様からの掲載許可もいただいてます。
  • この記事のコードサンプルについては、Imports ClosedXML.Excel が宣言されていることを前提としています。
  • ClosedXML の作成者について:Francois Botha, Aleksei Pankratev, Manuel de Leon, Amir Ghezelbash
  • ClosedXML のライセンスについて:GitHub - ClosedXML - MIT License

式(Formula)

式を使用した表の作成

下図のような表を作成します。

 

セルに式を入力しないで式の計算をする

例1

例2

式が使えない場合

Excel で使用できるすべての式が ClosedXML で利用できるわけではないので、事前に式のテストをするようにしてください。

式の追加は常に行っていますが、使用したい式が ClosedXML で使えない場合は Issue Tracker で私(ClosedXML の開発者)にお知らせください。

できるだけ早く追加するようにします。

ラムダ式

下図のような既存のワークシートがあるとします。

上図の表から能力者でない者の行を削除し、データ型がテキストのセルに色を付けます。

コードを実行すると下図のような結果が得られます。

 

「【VB.NET】ClosedXML の使い方」の一覧を表示

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象