【VB.NET】ClosedXML:行の操作

MEMO
  • この記事は GitHub - ClosedXML - Wiki を参考に書かせていただいたものですが、C# から VB.NET への書き換えをし、英語から日本語へ翻訳しただけでなく、元記事の構成・コード・コメント等を変更している場合もありますのでご了承ください。
  • 現在 ClosedXML のメンテナンスをご担当されている Francois Botha 様からの掲載許可もいただいてます。
  • この記事のコードサンプルについては、Imports ClosedXML.Excel が宣言されていることを前提としています。
  • ClosedXML の作成者について:Francois Botha, Aleksei Pankratev, Manuel de Leon, Amir Ghezelbash
  • ClosedXML のライセンスについて:GitHub - ClosedXML - MIT License

行の高さの設定と塗りつぶし

範囲の中の行を処理する

ワークシートの行を処理する

行の挿入

ワークシートに行を挿入する過程を画像と共に少しずつ見ていきます。

途中経過の図では見やすくするために罫線を引いてますが、罫線を引くコードは省略しています(一番最後にだけ載せています)。

行の挿入と削除

ワークシートで行を挿入したり削除したりする過程を画像と共に少しずつ見ていきます。

途中経過の図では見やすくするために現在の範囲(rng)を選択状態にしています(rng.Select)が、選択のコード(rng.Select)は省略しています(一番最後にだけ載せています)。

行の高さ、列の幅

コンテンツに合わせて行の高さと列の幅を調整する

 

残念ながら日本語のコンテンツについては列幅に対する .AdjustToContents が正常に動作しないようです。(ClosedXML 0.94.2)by エレン・イースト(当サイトの管理人)

英語のコンテンツだと正常に動作するようです。

行内のセルを操作する

行・列を非表示にする

行・列を固定する(ウィンドウ枠の固定)

行・列のアウトライン(グループ化)

下図のようなアウトラインを作成します。

 

コード

 

「【VB.NET】ClosedXML の使い方」の一覧を表示

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象