【VB.NET】ClosedXML:範囲の操作

MEMO
  • この記事は GitHub - ClosedXML - Wiki を参考に書かせていただいたものですが、C# から VB.NET への書き換えをし、英語から日本語へ翻訳しただけでなく、元記事の構成・コード・コメント等を変更している場合もありますのでご了承ください。
  • 現在 ClosedXML のメンテナンスをご担当されている Francois Botha 様からの掲載許可もいただいてます。
  • この記事のコードサンプルについては、Imports ClosedXML.Excel が宣言されていることを前提としています。
  • ClosedXML の作成者について:Francois Botha, Aleksei Pankratev, Manuel de Leon, Amir Ghezelbash
  • ClosedXML のライセンスについて:GitHub - ClosedXML - MIT License

範囲の取得

注意

大きな範囲(行全体や列全体など)を取得して処理する場合、文字列で範囲を取得するよりも番号で取得したほうが処理時間が短くなります。

文字列で取得した範囲の処理に時間がかかる場合は、番号で範囲を取得してみてください。

範囲のコピー

別のシートに範囲をコピーする例。

範囲の削除・クリア

範囲の自動的な移動

下記のコードでは、行・列の挿入によって、取得しておいた範囲が自動的に移動する様子を示しています。

 

範囲(セル)の結合

 

結合セルの検索

下記のコードでは、アドレス "B4" を含む最初の結合範囲の背景色を赤色にします。

 

範囲(表)の回転

下図の最初の表をコピーして2番目の表を作り、2番目の表を回転します。

上図で B11 にあるテキスト「( *´艸`)」は、2番目の表を回転するときのオプションによって移動されるか上書きされるかが決まります。

 

「【VB.NET】ClosedXML の使い方」の一覧を表示

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象