【VB.NET】ClosedXML:コメント

MEMO
  • この記事は GitHub - ClosedXML - Wiki を参考に書かせていただいたものですが、C# から VB.NET への書き換えをし、英語から日本語へ翻訳しただけでなく、元記事の構成・コード・コメント等を変更している場合もありますのでご了承ください。
  • 現在 ClosedXML のメンテナンスをご担当されている Francois Botha 様からの掲載許可もいただいてます。
  • この記事のコードサンプルについては、Imports ClosedXML.Excel が宣言されていることを前提としています。
  • ClosedXML の作成者について:Francois Botha, Aleksei Pankratev, Manuel de Leon, Amir Ghezelbash
  • ClosedXML のライセンスについて:GitHub - ClosedXML - MIT License
コメントとメモの名称について

 

 

この記事の執筆時点で私(エレン・イースト)が使用している Excel は Office 365 Solo の一部であり、バージョンは 1906 です。

 

この記事で解説している「コメント」は Excel VBA での Comment または Comments に相当するものであり、これまで多くのユーザーが慣れ親しんできた見た目が黄色い矩形のコメントのことですが、Excel 1906(2019年6月)の UI では名称が変わってしまい、「メモ」と呼ぶようになったようです。

そして、Excel 1906 の UI で「コメント」と呼んでいるのは Excel VBA での CommentThreaded または CommentsThreaded に相当するものであり、多くのユーザーが慣れ親しんできた見た目とも異なるものです。

 

 

 

 

ただし「メモ」の書式設定ダイアログには相変わらず「コメント」と表示されていたりします。ややこしいですね!!

↑「メモ」と呼ぶようになったはずのオブジェクトの枠線上で右クリックすると、
↓「コメント」の書式設定が表示される。

 

この記事の中ではとりあえず従来通り、黄色の矩形の Comment / Comments のことを「コメント」と呼ぶことにします。

コメントの表示状態

コメントの位置

コメントの作成者

コメントの配置(アラインメント)

色と線

コメントのサイズ

コメントの保護

コメントのプロパティ

コメントの余白

コメントの代替テキスト

 

「【VB.NET】ClosedXML の使い方」の一覧を表示

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象