【VB.NET】ClosedXML:ソート

MEMO
  • この記事は GitHub - ClosedXML - Wiki を参考に書かせていただいたものですが、C# から VB.NET への書き換えをし、英語から日本語へ翻訳しただけでなく、元記事の構成・コード・コメント等を変更している場合もありますのでご了承ください。
  • 現在 ClosedXML のメンテナンスをご担当されている Francois Botha 様からの掲載許可もいただいてます。
  • この記事のコードサンプルについては、Imports ClosedXML.Excel が宣言されていることを前提としています。
  • ClosedXML の作成者について:Francois Botha, Aleksei Pankratev, Manuel de Leon, Amir Ghezelbash
  • ClosedXML のライセンスについて:GitHub - ClosedXML - MIT License

事前準備

まず、サンプルデータ挿入用の関数などを用意します。

 

注意

元記事のサンプルデータは、Blank(空白、空欄)を表すためにスペース文字 " " を使用しています。

ところが元記事のサンプルデータをそのまま使用すると、ソートしても、元記事と同じソート結果にはなりませんでした。

何度か試してみた結果、ClosedXML の Sort メソッドのオプションである "IgnoreBlanks As Boolean" の "Blanks" はスペース文字のことではなく、空文字または Nothing のことだと思われます。

そのため、この記事でのサンプルデータでは、元記事でスペース文字 " " だったところを空文字 "" にしています。

by エレン・イースト(当サイトの管理人)

範囲の単純ソート

範囲をシンプルにソートします。

1つの列のソート

複雑なソート(1)

複雑なソート(2)

左から右にソート

テーブルのソート

 

「【VB.NET】ClosedXML の使い方」の一覧を表示

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象