【Excel】行/列の挿入時にシート上に表示されるハケ(ブラシ)が邪魔

新手の敵が現れた

Office 365 の Excel(バージョン 1903)で作業をしていたら、シート上にハケ(ブラシ)のマークが現れた。

ちなみに

Office 365 では、今後、いままで使用されてた「バージョン 2013」とか「バージョン 2016」というような年号による呼び方は廃止されるようですね。

かわりに、新しいバージョン表現とビルド番号で区別されるそうです。

前述の Office 365 での「Excel バージョン 1903」は(もちろん)1903 年という意味ではなく、2019年の03月にリリースされたものという意味だそうです。

ハケ(ブラシ)をクリックしてみると3つのオプションが表示される。別にここでよく分からないオプションを選びたい気分ではないが、邪魔なので「どれか選べば消えてくれるだろう」という思いから、ここは下手に出て、いずれかを選択してみることにした。

でもハケ(ブラシ)の絵が消えてくれない。。。なんだキミは? 呼んだ覚えはないし、何かを頼んだ覚えもない。

そこに居られると後ろの文字が見えないじゃぁないか。

おとなしく立ち去っていただきたい。

というわけで、こういう場合の定番といえる魔法のキー、万能の破壊神、Esc キー様にタッチしてお願いしてみた。

・・・あれ? 消えない。消えないゾ!

Esc でも消えないキミは新手のスタンド使いか!?

消す方法

すみません。ふざけるのやめます。

で、なんでオプションを選択しても Esc を押しても消えないのか意味不明なのだが、それはおいといて、いくつか消す方法が分かった。

たとえば、どのセルでも良いので、選択してから

  • F2 を押してテキスト編集状態にしてから Enter を押す
  • DEL キーを押す

など、何か編集操作をすると消えてくれる模様。

 

そもそも最初から表示されないようにするには、Excel 上部メニューから[ファイル]>[オプション]>[詳細設定]を選択し、[切り取り、コピー、貼り付け]のところにある[[挿入オプション]ボタンを表示する]のチェックを外せば良い。

 

これでまた平穏な Excel ライフを送れるでしょう。

次回もよろしくね!(^^)/

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象