Windows 10 の OneDrive のデフォルト設定は危険かも

特に複数の Windows PC を所有している場合、OneDrive のデフォルトの動作を正しく理解していないと困ったことになるかもしれない、という話です。

OneDrive とは

OneDrive とは、Microsoft の オンラインストレージサービス。

いくつかの形態で提供されているようですが、ここでは Windows 10 にプレインストールされている OneDrive について記事にしています。

いつのまにかファイルが消えたり出現したりするんだが

最近、購入して間もない Windows 10 の PC を使って仕事をしていたら、デスクトップに見覚えのないファイルを見つけた。

あったはずのない複数のリンクファイルも置かれていたけれど、どのリンクもパスが間違っているようで機能しない。

「このゴミファイルはどっからわいて出たんだ??」と思って、それらのファイルを削除しておいた。

しばらくして別の Windows 10 の PC で作業を始めたら、こんどはデスクトップがやけにスッキリしている気が。

「あれ? この PC のデスクトップにはもっとゴチャゴチャとファイルを置いてたはず・・・」と思ってそのとき気付いた。

「デスクトップから消えてるのは、さっき別の PC で削除したファイルだ!!」

OneDrive のデフォルトの設定

調べてみたら、Windows 10 で自動的に動作を始める OneDrive、そのデフォルトの設定に原因があると分かった。

複数の Windows PC に同じアカウントでサインインすると、OneDrive はそれらの PC の下記のフォルダについて(勝手に)同期処理を開始する。

  • デスクトップ
  • 写真フォルダ
  • ドキュメントフォルダ

つまり、同じアカウントでサイインインしている場合、PC-A のデスクトップにファイルを作成すると PC-B のデスクトップにもファイルが作成され、PC-B のドキュメントフォルダからファイルを削除すると PC-A のドキュメントフォルダでもファイルが削除される。

「どうだい? すごいだろ~。便利だろ~?」という Microsoft の自慢げなドヤ顔が目に見えるようだが、私には迷惑な話だった。

こういう機能はデフォルトでオンにするのではなく、ユーザーがその動作をちゃんと理解した上で(必要に応じて)自分でオンにすべきではないだろうか?

OneDrive の同期設定の確認と解除

OneDrive の同期設定を確認するには、画面の右下にある OneDrive の雲のアイコンを右クリック>[設定]をクリック。

ダイアログが表示されたら[自動保存]タブを選択し、[重要なフォルダーを保護する]の[フォルダーの更新]をクリック。

すでに同期の設定がされている場合、下図の中央の絵のように「ファイルを保護しました 保護の停止」というテキストが表示されています(デフォルトでは下図の3つのフォルダのすべてに設定されていると思います)。

同期設定を解除するには「保護の停止」をクリックします。すると下図のようなダイアログが表示されるので、再び[保護の停止]をクリックします。

[保護の停止]をクリックした直後は、同期設定によってそのフォルダにコピーされていたファイルが消えたように見えるかもしれませんが、それらのファイルは OneDrive フォルダーに残されています。OneDrive フォルダーを開くには、OneDrive の雲のアイコンを右クリックして[OneDrive フォルダーを開く]をクリックします。

MEMO

「保護」っていう表現もちょっとまぎらわしい気が・・・。

(;^_^A 文句が多くてスンマセン。

その他の困惑オプション

ちなみに、前述の OneDrive のダイアログでは、下図の赤枠のオプションにも(自分に必要な機能かどうか)注意したほうが良いかもしれません。

知らないうちにオンになっていると「あれ? どうなってるんだ?!」と困惑するかもしれません。

MEMO

OneDrive の提供形態によってはデフォルトでオンになっている場合もあるようです。

自動起動の停止またはアンインストール

そもそも OneDrive は使用しないという場合は、[設定]タブで自動起動を停止できます。

または、Windows の[設定]>[アプリ]>[アプリと機能]から Microsoft OneDrive をアンインストールすることもできます。

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象