電動自転車(ママチャリ)の変速機の調子が悪いので直してみた

ペダルが突然軽くなる現象

我が家のママチャリは(内装)3段変速の電動アシスト自転車(パナソニック BE-ENNX634 『ViVi NX』2012年頃発売)。

変速機の番号はいつも3(最も重い)に設定してある。

2km先にあるスーパーへ買い物に行くため、このママチャリに乗って家を出たが、その道中で変速機の調子が悪くなった。

走っている途中で、突然、ペダルが番号1(最も軽い)の軽さに変わってペダルの回転数が急に上がってしまい、足がすっぽ抜けそうになった。

「なんだぁ??」と思いつつ、変速機のダイヤルを自分で回して番号を1にしてから3に戻すと、また少しの間は正常な3の重さに戻るが、すぐに番号1の軽さになってしまう。番号1の軽さだとペダルを必死にこいでも自転車がなかなか進まない。まるで幼児向けの三輪車に乗っているようだ。

チェーンカバーのあたり(?)から、ときどき「カラカラ」「ガラガラ」というような異音も聞こえる。

家からだいぶ遠いところまで来てしまったので、いまさら引き返せない。今年初めての雪も降ってきた。こんなところでモタモタしていたら凍死してしまうに違いない。ピ~ン~チ!!

必死にあれこれ試しながらなんとか自転車を進ませていると、やがて良い方法を発見した。

変速機のダイヤルを1から3のほうに回転させてからそのまま3の方向にダイヤルを強くギュ~っと押し続けると(つまり存在しない番号4に設定するかのようにダイヤルを押し続ける感じ)、正常な重さ(番号3)が長いあいだ持続することが分かった。

それで「ははぁ。変速機のワイヤーの張りの問題だな」と気付いた。

 

そんなこんなで、変速機のダイヤルを回す手が疲れてしまったけれど、無事スーパーで買い物を済ませてから、命からがら自宅に生還することができた。

あんな恐ろしい思いはもうこりごりだ。私はすぐに対策に取り掛かった。

必要な工具

必要な工具は2つ。

  • 普通サイズのプラスドライバー

  • 10mm のレンチ

created by Rinker
シグネット
¥660 (2019/12/15 12:29:18時点 Amazon調べ-詳細)

変速機のワイヤーの張りを微調整する

注意

作業中、電動自転車のバッテリーは(付いてると危険なので)外しておきましょう。

下の写真の赤丸部分を「ベルクランク」と言います。

まずプラスドライバーでベルクランクのカバーのネジを外します。

ネジが取れたら、カバーを手前に引くと外れます。

変速機の番号を1(最も軽い)に設定して、下の写真の矢印の先にある棒(プッシュロッドと言うらしい)に刻まれている線を確認してください。この線は、変速機の番号を2(中間の軽さ)にしたときに(棒が引っ込んで)ちょうどギリギリ隠れる位置に来るのが正しい状態だそうです。

MEMO

変速機の番号を1にしたとき、プッシュロッドが最も突き出た状態になります。

変速機の番号を3にしたとき、プッシュロッドが最も隠れた状態になります。

私の命を脅かした自転車は、変速機の番号を2にしたとき、この線が少し(数ミリ?)出ていて見えている状態でした。この線の位置は下の写真の赤丸のところで(変速機のワイヤーの張り具合を変更することで)微調整できます。

下の写真は上の写真の赤丸部分をアップにしたものです。

変速機のワイヤーの張りを微調整するには、まず下の写真の1のナットを 10mm のレンチでゆるめます。次に、2をまわしてワイヤーの張りを調整します。

たとえば私のケースのように、変速機を2番にしたときにプッシュロッドの線が出すぎているなら、上の写真の2のネジをゆるめる方向(反時計まわり)に回せば、ワイヤが自転車前方に引っ張られて、プッシュロッドを抑えているレバーがロッドを押してくれます。

逆にプッシュロッドの線が隠れすぎているなら、上の写真の2のネジを締める方向(時計まわり)に回せば、ワイヤが自転車後方に動くので、プッシュロッドを抑えているレバーがゆるんでプッシュロッドが出てきます。

上の写真の2のネジの調整が終わったら、ペダルを手でまわしながら、変速機の(番号を変えて)テストをしてみましょう。

変速機をテストをして問題なければ、上の写真の2のネジが動かないようにするため、1のネジを 10mm レンチで締めて固定します(このとき2のネジが動かないように注意しましょう)。

カバーを付けて、カバーのネジを締めましょう。

 

この作業で、変速機の調子が再び良くなりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象