私のアトピー体験(8)その後の経過

私のアトピー体験(7)おまけ」からの続きです。まだ「私のアトピー体験(1)前提事項」を読んでいない方は、まず「私のアトピー体験(1)前提事項」を必ずお読みになってください(よくある責任回避の文言ですが)。

 

私のアトピーが日常生活に支障がない程度まで改善してアトピーの記事(1)~(7)を書いたのが2018年6月~11月頃でした。

この記事では、その後の現在に至るまでの経過を書いておきます(症状に変化があったらまた記事を更新したいと思います)。

2018年12月 ミニミニ好転反応?

この頃、以前と比べてアトピー症状は非常に良くなっていたものの、足のかかとと足の指にアトピーが(軽微であるものの)しつこく残っていた(皮膚がかさぶたのようになっていた)。

その足のかかとと足の指の症状がやっと良くなり始めたと感じた頃、両足のひざ裏・両足の内もも・両脇の下・腰の左側・背中・両手の甲のあたりに軽い痒みを感じるようになった(涙も出やすかったがアトピーと関係あるのかな?)。

これはひょっとしたら、足のかかとと足の指が改善する過程で起きている、好転反応のミニミニバージョンなのかもしれない(?)と思った。

2019年1月 いよいよ完治か!?

2019年1月の中旬には、しつこく残っていた足のかかとと足の指のアトピーがほぼ消えたが、今度は手の指と甲に肌荒れ程度のアトピーが出た。

そろそろ・・・いよいよ完治か? と期待した。

だが・・・アトピーはどんなストーカーよりもしつこいのであった。

2019年8月 油(脂)制限の緩和と運動不足のせい? 少し悪化

実は去年から今年にかけて家族の健康トラブルが続いたため、不安・疲労・ストレスを強く感じてしまい、少し体調を崩していた。そのため、日課にしていたウォーキングも休みがち(または距離が短め)になり、運動不足な状態が続いてしまっていた。

また、アトピーが良くなってきていたので、油(脂)の制限を緩め、肉も少し食べるようになっていた

そんなあるとき、お風呂で湯船につかっていたら、自分のおなかに(再び)脂肪が付いて少しポッコリしていることに気付いた(しっかりウォーキングしてた頃と違う!)。

この頃から、アトピーがまた少しぶり返し始めているようだった。

ぶり返しの経過はだいたい次の通り。なお、いずれの症状も(いまのところ)日常生活に支障はない程度

MEMO

現在(8月上旬)、油(脂)の制限をまた厳し目にして、食べすぎに注意して、できるだけウォーキングの時間を確保するように努力中

暑い日が続いてるのでみなさんも熱中症には十分注意してくださいね

2019年1月~3月 手の指の甲側が切れる

手の指の甲側がまた(横にスパっという感じで)切れ始めた。一番悪いときは全ての指の甲側がそれぞれ1~2か所切れていたが、4月を過ぎてほぼ良くなった。

2019年5月 次は足首

手の指のアトピーが良くなると、次は両足首のまわりに軽いかゆみを感じた。

そして小さなアトピーのポツポツが右足の甲の上・足首のところにでき始めた(横3cm、縦1cmの範囲)。かくとポツポツがとれてわずかに血が出るがすぐ止まる。

まるでアトピーの毒素が手の指と足首の間を行ったり来たりしているような感じ。

2019年6月 浸出液、再び

2019年6月中頃から再び両足の指のあたり(特に親指の近く)、そして右足首の前面あたりにかゆみが復活。

右足の甲のあたりに1cm四方くらいの炎症が起きて浸出液が出始める。ダラダラたれるほどではないが、気が付くとジワッと浸出液が浮かんでる感じ。

2019年8月 手と足の指に再びアトピー

右手の中指の第二関節(甲側)、両足の親指の付け根近く(甲側)、右足首(甲側)などに浸出液を伴う小さな皮膚炎が復活。

浸出液は出たり止まったりしていて、絆創膏を貼っている。足のアトピーについては、絆創膏をはがすと薄皮ができていることが多い(悪化と回復のせめぎあいをしている印象)。

起床して30分後くらいにかゆくなることが(最近は)一番多いが、昼食後まもなくかゆくなることも多い。

 

 

アトピー性皮膚炎に悩まされてる方が、一人でも多く、一刻も早く、その悩みから解放されますように。

(アトピー記事の一覧を表示したい場合はここをクリックまたはタップしてください)

コメントの投稿

avatar
  購読する  
通知を受け取る対象